« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年7月

<hakoniwa Gardenその後・・・>--kosococo姉

Hakoniwa_kitchen627_049 以前ブログ内で成長具合をお伝えしたレモンの木!

いい香りのする白い花を咲かせ、ちっちゃいけれどもレモンの形をした実がところどころつき始め「レモンパイがつくれればいいなぁ~!!」なんて、夢を語っていた・・・。

あれから数ヶ月・・・。強い風・雨・強い太陽の光・台風。しばらくテラスに出てゆっくり出来ていなかった私は、久しぶりにhakoniwa Gardenチェックをするべく、デジカメ片手に、サンダルをカタカタならして外に出た。最初に足が向いたのはレモンパイの木・・・いや、レモンの木。8月15日のhakoniwaでちっちゃなレモンパイを皆で作れるほどにはなったかな・・・なんて、わくわくしながら向かってみると・・・。

25_015 「なんだこりゃ~~~!!」松田優作ばりな台詞と共に目に飛び込んできた衝撃映像に、目を覆った・・・。

なんで?あの小さいけどちゃんとレモンになってたあの実は?どこにいってしまったの(泣)

ここのところの台風にやられ、実が耐え切れず落ちてしまったのか・・・またまた、毎年ブルーベリー取り合いの鳥か・・・?さすがにコーギー犬ではないよなぁ・・・なんて思いながら、中腰でレモンの木の前で立ち直ることが出来ないでいる・・・あれだけ、たっくさんなっていた実が、現在1個のみ。中腰を直立姿勢に持っていくまでにどれくらいの時間がかかったことか・・・。でも、台風の風にやられたにしては、実の周りにあるはずの葉がなさすぎる。レモンの木自体は、葉がワッサワッサついているのに、よく観察してみると、実があったであろう周りだけ、葉がないのである。これは風でも、鳥でも、コーギー犬でもなく・・・虫かぁ・・・。それもニョッキニョキ歩くあいつのしわざか・・・??!!お分かりになる方、教えてください。

何とか中腰を無理やり持ち上げたものの、肩はがっくり落ちたまま・・・、恐る恐る今度はいちぢくの木へ・・・

66_014 ゴールデンウィークあけてからのあたたかい日のおかげもあり、葉を大きく広げて、枝葉細いが成長し、コーギー犬にとっては日傘のような雰囲気で、気に入っている。

Hakoniwa_kitchen627_037 いちぢくの実も小さいながらもついて、これまた、いちぢくのタルトが作れれば・・・なんて夢を話していたっけ・・・。

たのむ!たのむ~!!と願かけしつつ、ゆっくりと近づくと・・・!!「あった!」いちぢくは無事になっていた。思っているよりも成長は遅いけど太っちょ気味な実がぶら下がっている!!25_014 ショッキングなレモンの木の後だけに、嬉しさ倍増!!このまま大きくなってくれ!と思いをこめつつ・・・。

昨年20粒?くらい実をつけたオリーブの木今年は昨年を上回る勢いで、青く丸い実がたくさんなっている。昨年収穫したオリーブは、半年塩抜きして、つい最近までピクルス液につけておいたが、ちゃんと渋抜きが出来ておらず、食べられたものではなかった(苦笑)今年はちゃんと調べて美味しいピクルス作るぞ~

25_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<すっかりご無沙汰してしまって・・・>

すっかり、ご無沙汰してしまった「hakoniwa Garden」ブログ。

楽しみに待っていてくださった方、すみません。ありがとうございました。

Aa_031 現在我家の「VEGE CUBE」は

hakoniwa kitchenご参加いただきました方々や、遊びに来た友人、そして普段の食事の一品として大活躍の末、このような姿となってしまいました。

隣に植えていた「二十日大根」は、かなり苦味が強くサラダで丸ごといただくにはちょっときつかったので、わさびのような薬味代わりに薄切りにして、しその上にのせ、お刺身と共に来るんでパク。牛肉の味噌炒めに同じくスライスしてサラダ菜にくるんでパク。

Aa_026 あっという間に、なくなってしまいました。

「VEGE CUBE」にサラダミックスの種と一緒に、欲張って蒔いた「リトル フィンガーキャロット」と「ミニオニオン」。いくらミニとはいえ、ミニすぎるだろう!!というくらいかわいい大きさ。これ以上は育たないだろう・・・と、思い切って駄目になってしまう前に抜きました。写真からはちょっとわかりずらいですが・・・相当ちっちゃいです(笑)

右端の二十日大根の直径は500円玉くらい・・・で、想像つくかしら?

ただいま、新たに残りの「二十日大根」の種を埋めました。

油断してたら間引きする前に、スクスク伸びすぎてしまって・・・今回はスプラウトとして食卓に登場です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »